Archive for the ‘未分類’ Category

モバイル端末管理の機能とは?

木曜日, 12月 6th, 2018

モバイル端末管理ツールであるmdmはマルチベンダー、マルチプラットフォーム、端末管理基盤が一般的です。Windowsパソコンやandroidのスマートフォン、iPhone、Mac、iPad、ルーターなど様々なモバイルデバイス端末の管理が可能なソリューションとなっています。
mdmソリューションは専用のサーバーが必要なしのものが多く、ネットワークの設定も必要ありません。管理者に詳しい知識がない場合でも簡単に大量のモバイルデバイス端末を管理することが可能です。
またmdmソリューションはセキュリティ対策だけではなく、資産管理としてもモバイルデバイス端末情報を一括して管理できます。mdmソリューション機能の1つであるリモートロック機能は、android、Windows、iOSなどのモバイルデバイス端末の画面ロックを表示して、遠隔操作で端末のロック作業を行います。モバイルデバイス端末の紛失時に、リモートロック操作をかけることで情報漏えいのリスクを未然に防ぐことにつながります。
管理サイトから解除、端末側から解除コードを入力することでロックを解除できる機能になります。

android端末管理を行うmdm

火曜日, 12月 4th, 2018

企業でのandroidやiPhoneなどのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するケースは珍しくなく、むしろ企業として成長するためにはモバイルデバイス端末を利用した業務は必要不可欠になってきています。
さらに近年では企業だけではなく、教育現場においてもタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進められています。
教育現場においても、企業においても日々の様々な業務をこなしていくには、シチュエーションに合わせた様々なモバイルデバイス端末の活用が重要になっています。
業務でこれらのモバイルデバイス端末を利用する場合、顧客情報や企業として社外秘情報など機密情報をたくさん取り扱うことになります。
それらの機密情報が流出する危険性を回避するために、モバイルデバイスの端末管理には力を入れる必要があるのです。そこで必要とされるのがmdm=モバイルデバイス端末管理ツールです。mdmは効率的で安全な基本的な管理機能の他、情報収集機能、情報流出予防機能などがあります。

byod事例から分かるbyodのメリット

土曜日, 11月 24th, 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をビジネスで活用する場合には、会社側が従業員に会社用のモバイルデバイス端末を支給する方法と、プライベートで使用している私用のモバイルデバイス端末を業務でも使用する方法があります。後者はbyodと呼ばれており、個人所有のモバイルデバイス端末を業務用途でも利用することで、様々なメリットをもたらしてくれます。
byodを導入すると、企業側としてモバイルデバイス端末をわざわざ支給しなくてもよいので、初期導入が簡便になりますし、コスト削減にもつながります。様々なメリットのあるbyodは導入する事例がどんどん増えています。モバイルデバイス端末を業務で利用する場合には、業務メールの送受信、スケジューリング、グループウェア、連絡先の閲覧、プレゼンテーションなどがあります。
逆に私用で用いる時には、SNS、カメラ、アルバム、アプリ、ミュージック、ネット、ゲームなどを利用することが多いでしょう。

mdmとは何か?!

水曜日, 11月 14th, 2018

企業や教育現場などのまとまった組織でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には、mdmと呼ばれる管理ツールを同時に導入するケースが非常に多いです。
mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業や組織で大量に導入されたモバイルデバイス端末を一括して管理するためのソリューションになります。
mdmの導入に際しては、企業側がmdm製品をピックアップして導入することになります、mdmを選ぶ時には、自社に適した製品、サービスの選定を行わなければなりません。そのためにはスマートフォンやタブレットなどの導入するモバイルデバイス端末の特徴をしっかりとおさえておく必要があるでしょう。
企業において、業務用の携帯電話の資産管理は非常に重要な問題となっています。携帯電話だけでの機能であれば総務部など既存する部署での管理が可能でしたが、モバイルデバイス端末になるとパソコンと同様の機能があるので、情報システム部門などでしっかりと管理しなければなりません。

androidの端末管理の重要性

日曜日, 11月 4th, 2018

パソコンと同様インターネットに接続して、様々な情報を共有、保存することができる携帯性に優れたポケット型パソコンともいえるでしょう。
携帯性に優れたモバイルデバイス端末は業務においても活用されており、多くの会社や教育現場で導入が進められています。
androidなどのスマートフォンはインターネットへの接続、インターネット上でのサービス利用をユーザーにとって使いやすいものにしてくれます。
一方でセキュリティ管理、資産管理をしっかりと行わなければならず端末管理はmdmなどを利用するケースが多いです。特にandroidやiPhoneなどスマートフォンを業務利用するにあたっては、セキュリティ管理や資産管理は徹底して行う必要があり、端末管理が甘くなってしまうと情報漏えいの危険性も出てきてしまいます。

VPPサービスプログラムとは?

木曜日, 10月 4th, 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の企業など法人導入が近年進んでいます。
日本国内においてはiphoneやipadなどのiOS端末の人気が依然として高いです。
企業でモバイルデバイス端末を導入する際にmdmで管理するのが一般的になっていますが、mdmの機能の中にはアプリを配信する機能があります。
従来のアプリ配信機能では、Appstoreアプリのインストールを促すダイアログを端末側に表示させ、Apple IDのサインインとパスワードの入力が必要でした。
しかしVPPアプリ配信機能を利用すると、さらに効率よくアプリ配信が可能になります。
VPPはapple社が提供する法人、教育機関向けのアプリ一括購入とmdmを通じてアプリを一括配信できるプログラムになります。VPP Store上でApp Storeアプリを一括購入して指定した端末にアプリを一括で配信できるサービスになります。このVPPサービスを利用することで大量のモバイルデバイス端末へのアプリ配信がスムーズに行えるようになるでしょう。

モバイルデバイス端末管理の重要性

月曜日, 9月 24th, 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はパソコンと同様、たくさんの情報を保存しています。
企業でモバイルデバイス端末を導入している場合、セキュリティ強化のためにモバイル端末管理は徹底しなければなりません。モバイル端末管理の基本的な機能であるリモートロックシステムは盗難や紛失に備える基本的な機能です。
各モバイル端末をリモートで一括管理することで、ロックをかけて第三者への情報漏えいの危険性を未然に防ぐことができます。モバイルデバイス端末は携帯に便利なため、外出時でも使用できる利便性があるものの、その反面紛失や盗難のリスクは高くなりがちです。
そこでmdm=モバイル端末管理をしっかりと行うことで、モバイルデバイスを紛失したり、盗難されたりした時の対策を行っておくことが、企業としては重要になります。
リモートロック、リモートワイプ機能があればモバイルデバイス端末を遠隔操作で初期化することもできます。

bring your own deviceのデメリット

金曜日, 9月 14th, 2018

bring your own deviceは私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を私用だけではなく、業務でも活用することです。
bring your own deviceはコスト削減や業務効率のアップ、モバイルデバイスを複数台持たなくてよくなる…などたくさんのメリットがあります。しかしbring your own deviceにはその反面、デメリットや危険性もあることを覚えておきましょう。
まずbring your own deviceのデメリットとして情報漏えいのリスクが高いということがあります。これはモバイルデバイス端末導入をすれば必然的に起こるデメリットになりますが、特にbring your own deviceの場合はきちんと管理をしておかなければ紛失、盗難時に情報が第三者に漏洩してしまう危険性が大きいです。
私物のモバイルデバイス端末だからといって管理していないと、リスクは高まってしまいます。
モバイルデバイス端末内には、個人情報や会社の機密情報などがたくさん保存されていますので、それらのデータを守るために対策は立てておくべきでしょう。

mdm導入事例が増える理由

月曜日, 9月 3rd, 2018

mdm導入事例の企業では、セキュリティ対策や資産管理のためにmdmツールを導入して、モバイルデバス端末の一括管理を行っています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はパソコンと同じようにデバイス内に機密情報や個人情報など外部に流出してしまうと大変な情報がたくさん保存されています。
このモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりすると、落したモバイルデバイス端末を拾った第三者に情報が漏えいしてしまう恐れがあります。
そのリスクを回避するためにmdmツールは有効なソリューションになるのです。
またmdmは機能制限はもちろんのこと、パスコード設定の強制、デバイス制御、アプリケーション制御、androidd、iPhoneなどのデバイス管理機能が停止した時の対応アクションなどの機能もあります。モバイルデバイス端末を管理する上で必要なセキュリティポリシーの詳細を設定することができるでしょう。

コストカットで端末管理が可能なmdmの比較

金曜日, 8月 24th, 2018

大量のスマートフォンやタブレットなどを企業で導入する場合、管理者の負担は非常に大きいです。そこでおすすめなのが面倒な管理やリスク対策を一括して行えるmdmです。mdmは一元管理できる端末管理ツールのことであり、モバイルデバイス端末の不正利用防止、煩雑なモバイルデバイス端末の一括管理、紛失・盗難時のトラブル対策に有効です。
mdmはコストパフォーマンスに優れている端末管理ツールになるので、端末管理のコストを大幅に削減できるため、業務で使用する際には一緒に導入したいソリューションと言えるでしょう。
mdmと一言で言っても様々な種類があり、その機能は比較しなければなりません。端末を低コストで一元管理できるmdmは、端末の紛失、盗難トラブル時にも迅速に対応してくれます。
モバイルデバイス端末管理で最も重要になるのが紛失、盗難時のトラブル対策、セキュリティ対策です。
セキュリティ対策に優れたmdmを導入すれば、モバイルデバイス端末を無くしたり、盗まれたりした際もすばやく対応できます。
mdmを利用すればモバイルデバイス端末の位置情報を記録することができるので、電源が入っていれば追跡が可能です。