mdm導入時に考慮するべきセキュリティレベル

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の情報漏えい対策として、モバイルデバイス端末のデータを消去したり、モバイルデバイス端末の操作をロックしたり、モバイルデバイス端末内のデータを全て消去したりする機能があります。このような機能をもつmdmツールを導入することで、遠隔操作によるモバイルデバイス端末の初期化、ロック作業が行えるのです。
この機能に関しては現在では標準装備と言えるほど一般的であり、それ以外にも不正利用の防止、モバイルデバイス端末の制御、アプリケーションの利用制限ができるモバイルデバイス端末機能を兼ね備えたmdmの導入であれば、セキュリティ対策はさらに強固なものになるでしょう。
契約に関する個人情報や機密情報などを取り扱っているモバイルデバイス端末においては、情報漏えいのリスクが高いため、遠隔操作機能は必須となります。取り扱う情報の内容によってセキュリティレベルは変化するでしょう。

Leave a Reply