mdmのタイプとは?

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理することで円滑に業務に活用できます。
mdmとはmobile device managementの略であり、多くの企業や組織では、このモバイルデバイス端末を導入する際に、mdmの導入も同時に行っています。
mdmのほとんどはインターネット経由で必要な機能を利用するSaaS型として提供されています。組織が改めてサーバを用意する必要などは全くありません。SaaS型であれば導入や運用などを手軽に行うことができるでしょう。
mdmのメーカーによっては社内のサーバを利用する従来のオンプレミス型のmdmプランも用意されています。オンプレミス型はSaaS型と違い、mdm導入、運用には管理者、担当者のある一定の知識が必要になります。
ただ運用、導入後は、アップデートなどを自社のタイミングで行えるという点はメリットになるでしょう。

Leave a Reply