マルチプラットフォームのmdm導入が理想

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育現場などで導入する場合、androidやWindows、iOSなどプラットフォームを統一することが望ましいとされています。
しかしWindowsタブレットなどモバイルデバイス端末とパソコンと中間のような位置付けになるデバイス端末も出現したことによって、モバイルデバイス端末とパソコンの境界線が曖昧になりつつあります。
パソコンの世界でのシャア率が大きいWindowsがモバイルデバイス端末側にも入り込んできており、プラットフォームを統一できなくなる企業も増えているのです。
mdmを導入する際にはWindowsやandroid、iOSなどスマートフォンやタブレットのマルチモバイルデバイス端末に対応できるmdmツールが理想です。マルチプラットフォームのmdmを選んでおけば、複数のプラットフォームが混在するケースにおいても導入対策は難しくはありません。

Leave a Reply