Archive for 2月, 2019

マルチプラットフォームのmdm導入が理想

木曜日, 2月 28th, 2019

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育現場などで導入する場合、androidやWindows、iOSなどプラットフォームを統一することが望ましいとされています。
しかしWindowsタブレットなどモバイルデバイス端末とパソコンと中間のような位置付けになるデバイス端末も出現したことによって、モバイルデバイス端末とパソコンの境界線が曖昧になりつつあります。
パソコンの世界でのシャア率が大きいWindowsがモバイルデバイス端末側にも入り込んできており、プラットフォームを統一できなくなる企業も増えているのです。
mdmを導入する際にはWindowsやandroid、iOSなどスマートフォンやタブレットのマルチモバイルデバイス端末に対応できるmdmツールが理想です。マルチプラットフォームのmdmを選んでおけば、複数のプラットフォームが混在するケースにおいても導入対策は難しくはありません。

Apple DEPの魅力とは?

月曜日, 2月 18th, 2019

apple社が提供する法人や教育機関向けのプログラムであるapple DEPはdevice enrollment programの略であり、2014年11月より日本国内での提供がスタートしています。
Apple社が提供するDEPはiPhoneやiPadなどのiOSデバイス端末を自動的にmdmサービス管理下に配置できるプログラムであり、mdmツールで一元管理する必要のあるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の場合非常に便利であり、利用するべきツールとなっています。特に企業や教育現場などで大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、管理が大変になるのでこのApp DEPなどを利用することで、円滑にそして効率的にそしてなにより安全にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が導入できるようになるでしょう。このApple DEPに対応しているmdmサービスを利用すれば、mdmサービスに個別のデバイス端末を登録するための各種作業を大幅に短縮できます。

mdmソリューションの保護

木曜日, 2月 7th, 2019

モバイルデバイス端末をmdmソリューションによって一元管理をすることで、企業でモバイルデバイス端末を業務で活用する際には安全性が保たれます。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をmdmサーバの管理下におくため、それおzれのモバイルデバイス端末側ではアクティベーションという作業を実施します
運用管理者はアクティベーションに必要なソフトウェアや証明書の取得方法を通知することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末へ、mdmエージェントのインストールを促していきます。
所定のソフトウェア、証明書をインストールすれば、モバイルデバイス端末のアクティベーションは完了するので、それ以降のmdmサーバからスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末間の通信は安全な経路が確立された状態で行われるのです。
またmdmエージェントのインストールが削除されないようにmdmエージェントの保護を行ったり、VPNやSSLなどの高信頼経路による接続を行ったりします。