byod導入における課題

byodは個人で所有するスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイス端末を業務で使用することをいい、bring your own deviceの略です。ひと昔前には会社でパソコンを使用して仕事を行うという場合、会社から支給されたパソコンを
社内の自分のデスクで使用するというのが一般的でした。しかし最近ではノートパソコンの小型化、軽量化に伴い、持ち運びが便利になり、Webブラウザ経由で利用するクラウド型のビジネスソフトが非常に増えています。
そのため個人が所有しているスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどモバイルデバイス端末を仕事で利用するbyodを認める企業も増えてきています。
byodには様々なメリットがあります。例えば、初期導入費用を大幅に削減できるという点は大きなメリットになります。逆にデメリットや課題もあります。それはセキュリティの面の課題です。byodを導入する場合、課題をしっかりとクリアにする必要があるでしょう。

Leave a Reply