VPPってどんなサービスなの?

VPPはVolume Purchase Programの略であり、アップル社が企業や教育機関などに向けて提供するプログラムになります。VPPを理世うすることで企業や学校などの教育機関ではApp Storeで提供されているiOS端末向けのアプリケーションをまとめて購入して、企業の従業員や教職員、生徒に配布することが可能です。
このVPPプログラムを使うことで、企業内や学校内で必要なApp Storeアプリケーションを担当者が管理したうえでモバイルデバイス端末のユーザーに利用させることができるのです。従来のVPPであればアプリケーションをユーザーに配布した時にRedemptionと呼ばれる専用コードをユーザーに譲渡する必要がありました。
このRedemptionコードは一度ユーザーに譲渡すると回収できないというデメリットがあり、従業員が退職したり、生徒が学校を卒業した場合、その後もユーザーは配布されたアプリケーションを使い続けることができていましたが、現在では別のユーザーへ再度割り当てなおすことができるようになっており、企業や学校では無駄なくユーザーに利用させることが可能になっています。

Leave a Reply