Archive for 5月, 2018

Apple DEPの利便性

水曜日, 5月 30th, 2018

iPhoneやiPadなどを販売するApple社ではDEPを提供しています。
Apple DEPはApple社が提供するモバイルデバイス管理システムへの登録サービスになります。
このApple DEPを利用することで、会社が所有するAppleデバイスを素早く、そして効率的に導入することができます。
Apple DEPを利用すればAppleデバイスを簡単んいモバイルデバイス管理ソリューションつまりmdmに登録することができます。
企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する時に欠かせない管理ツールであるmdm。このmdmの登録をスムーズに行うためにはApple DEPがおすすめです。
このApple DEPではAppleデバイスを素早く効率的に導入することができるのです。
Appleデバイスを簡単にmdmに導入できると、導入を手動設定する必要がなくなります。
また購入後すぐにセットアップを自動で行えるようになるので、非常に便利です。

教育現場でのmdmソリューションの導入

日曜日, 5月 20th, 2018

スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末を導入するのは企業だけではありません。近年では公立の小学校、中学校など義務教育現場においてもタブレットなどのモバイルデバイス端末を使用した授業が普及しつつあります。
企業でモバイルデバイス端末を導入する場合には、mdmソリューションによる管理が一般的となっていますが、教育現場においても大量のタブレット端末を導入することになるので、一括した管理や機能制限などの設定を行う必要があります。
そこで教育向けのmdmソリューションを利用することで、より円滑にそして効率的にモバイルデバイス端末管理が可能になるでしょう。
教育現向けのmdmソリューションでは、教育現場で使用されているスマートフォンやタブレット端末の管理やセキュリティ対策などをwebブラウザ上から簡単に一括して管理することができるツールになります。
教育現場では企業と同じく、mdmの一括管理にかける時間が不足しがちです。
mdmソリューションなど外部に管理を頼むことで、管理者の負担を軽減でき、より効率的な授業が進められるでしょう。

mdm製品の比較ポイント

木曜日, 5月 10th, 2018

mdmと一言でいってもそれぞれの製品によって機能や特長は異なります。
企業や教育機関によってもmdmに求める機能は異なるため、その企業にあったmdmを選択する必要があるでしょう。
mdmは企業や学校など組織内で利用されるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元的に管理し、効率よくそして安全にモバイルデバイス端末を管理できるツールです。
mdmを導入するにあたり数あるmdmの中からどのツールにするのかを比較して選ぶ必要があります。
近年のビジネス環境においてはモバイルデバイス端末の業務利用は一般的であり、必要不可欠であるといっても過言ではありません。
移動中や空き時間でもモバイルデバイス端末があれば有効活用ができ、メールや資料の確認などもできます。
mdmを比較する時のポイントとしては、コスト、セキュリティ面、管理のしやすさなどを重視するとよいでしょう。比較するポイントを押さえておくと、mdmを選びやすくなります。