Archive for 8月, 2017

管理者の負担が軽減されるmdm

日曜日, 8月 27th, 2017

ipadなどのタブレット端末を、授業に活用する教育機関が増えてきています。ipadなどのモバイルデバイス導入の動きが活発になっている中、モバイルデバイス管理においても多くの教育機関で導入を行っています。
モバイルデバイス管理はmdmと呼ばれており、このmdmを導入することで教育機関のIT管理者にかかるタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末の管理、運用の負担を軽減することができます。タブレットを授業に導入している教育機関の中にはmdmの日常的な管理、運用がタブレットを管理する人への負担につながるのでは?適切な管理や運用ができないのでは?と感じ、mdmの導入を不安に思う方がいらっしゃいます。しかしmdmを導入することによって明らかに管理者の負担は軽減するので安心してmdm管理にお任せすることができるでしょう。
教育機関で利用するmdmと企業で利用するmdmではそれぞれの機能や設定に違いがありますが、教育機関に適したmdmのサービスを選ぶとより効率的にモバイルデバイス端末を利用することができるでしょう。

出来る事と出来ない事

木曜日, 8月 17th, 2017

スマホは優れた汎用性と高性能さを併せ持つ万能ツールとしてビジネスシーンでも活躍の期待される現代人の必携アイテムとなったが、出来る事と出来ない事はしっかりと確認しておくべきだ。パソコンについて無知な人間ほど「それくらいできるでしょ?」と気軽に無理な仕事を振ってくる物だが、スマホの運用や付随するMDM他、様々なサービス内容についても熟知しておく必要がある。特にスマホはアプリの開発競争も激しく、思いもよらぬ便利アプリの登場が物事の流れを容易く変えてしまう事もある。新機種の登場で性能が向上した結果、これまででは不可能だったアイデアが形になる事もあるだろう。特に2020年予定の「5G」の世界は大きな可能性を秘めている。そういう意味でも端末を有効に活用できるかどうかが「時勢」を見る目にも左右される。その一方で利便性を優先した結果、MDMの進化が追いつかないという可能性も存在し、MDMと併用すべきサービスや新機軸のセキュリティーサービスなども幅広く情報収集すべきである。mdmでできることを羅列してます

マルチOS

月曜日, 8月 7th, 2017

スマホのOSと言えば現行ではAndroidとiOSが主流ではあるが、携帯端末という区分で言えば、Windowsを搭載したタブレットなども選択肢に入ってくる。同じAndroidでもOSのバージョン違いなどにより実に多種多様。社用として一括購入するなら統一するのが望ましいが、個人持ちの端末を運用するなどのケースではさらに雑多な環境となり、AndroidOSを搭載した機種などは機種固有の性能を有している事も多く整合性という意味では非常に混沌としてくる。そういった状況に対応できるか否かがMDMサービスを選ぶ上での優先項目の一つでもある。MDMの強みは「一元管理」であり、結果としてその管理下から外れる端末が出ては意味がない。幅広く対応しているMDMサービスも多いが、稀に「例外」として数機種が挙げられている事もある。雑多な環境を受け入れるのであれば、事前に使用される端末の全てを確認する必要もあるし、導入後にMDM管轄下に入れない端末が出た場合の対応も考えておかねばならない。MDMサービスの機能です