Archive for 2月, 2017

グループウェア導入のメリット・デメリット

日曜日, 2月 19th, 2017

近年、グループウェアを導入する企業が増えているそうです。グループウェアを導入するメリットは、「パソコン・スマートフォン・タブレットなどマルチデバイスで利用できるから、ちょっとしたスキマ時間があればいつでもどこでもシームレスなコミュニケーションを実現できること」「未読確認で連絡漏れを防ぎ、業務連絡の効率化を図れること」「全社的に業務に関する情報やナレッジを共有できること」「ファイル共有機能でペーパーレス化を実現できること」「管理者権限で社員の閲覧可能な範囲を限定すれば、企業の機密情報を守ることが出来ること」などが挙げられます。しかしメリットだけではありません。グループウェアは社内ネットワークへの負荷が大きいため、社内ネットワーク全体のパフォーマンス低下を招く可能性もあるのです。A10ネットワークスが発表したクラウドグループウェアに関する調査結果によると、グループウェアを導入している企業のうち約3割の企業が遅延を経験していたそう。メリットとデメリットをしっかりと把握したうえで、グループウェア導入を進めることが望ましいですね。

費用対効果とは?

月曜日, 2月 13th, 2017

SFAやCRMなどのシステムを新たに導入しようとする際、必ずといっていいほど検討材料となるのが『費用対効果』です。費用対効果とは、導入コストや運用コストと、導入によって得られる効果を金額ベースで比較したもの。「新しいシステムを導入して本当に効果あるのか?」という経営陣に対して、明確な数字によって導入効果を示すために使われるそう。しかし当然ながら費用なんてものは初期コスト以外に後からいろいろと増えていくものだし、導入する前に正しい効果なんて分かりませんよね。そこで今回は、費用対効果をシンプルに算出する方法についてご紹介しましょう。まずは費用の算出をします。費用は「導入費用」と「人件費」の2つ。導入費用は、システムを提供しているベンダーに問い合わせ、詳細な見積もりを確認しておきましょう。人件費は、本格的な運用までに平均してどれくらいの時間と人材が必要なのか?など人件費に関わることを必ず確認しておきます。次は効果の算出です。効果は「売上げ向上」と「業務効率化」の2つ。システムを導入することで、どれだけ売上げが向上するのか?どれだけ業務の効率化が図れるのか?具体的に考え数字を出してみましょう。すべてのコストを算出してみて、効果の方が費用を上回っていれば、ベストなシステムというわけです。大幅に上回っていれば、きっと経営陣も納得してくれることでしょう。